2016年06月30日

トンボ

IMG_0084.JPG


先日、羽化したてと思われるトンボが

事務所の中に入ってきました




posted by hayano at 19:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

クンゼア エリシフォーリア

クンゼア エリシフォーリア.JPG



オーストラリア南西部海岸沿いのネイティブプランツです。
スパイヤーウッド(尖っている意)と呼ばれ、
春先より、メラレウカに似た、
放射状の黄色の小花を集合花として咲かせます。




posted by hayano at 19:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

水族館ガール

IMG_0077.JPG
                           ブロメリア


昨日、今日と何軒かの園芸店を見学してみました。


IMG_0072.JPG


IMG_0075.JPG

IMG_0080.JPG


IMG_0082.JPG


イギリス(UK)のEU離脱となりましたが、
経済に影を落とさないことを祈るだけですが、、、。

まったく関係ありませんが、

昨晩、たまたま見た
NHK ドラマ10主演女優の初々しさが
印象に残りました。


posted by hayano at 22:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

プロスタンテラ ロテュンディフォーリア

IMG_0079.JPG

オーストラリア南東部海岸沿い、タスマニアに自生している
ピンクの花色のプロスタンテラです。

本日、ラジオより
目薬の正しい差し方を説明しておりました。
その中で、、、、
目薬を差した後、目をパチパチするのでなく、
瞼を閉じたままにしたほうが良いと言っていた。

昔の話ですが、
我が子に点眼した時、
差し終わって、”パチパチして!”と伝えると
子供が拍手したのを思い出します。

こんな間違いもなくなりますね 




posted by hayano at 19:21| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

黄金イチイ

昨夜は、ストロベリームーンでしたが、
薄曇りのためはっきりとした色は確認できませんでした。

今日は夏至です。

IMG_0060.JPG


安行殖産園様より、本日届いた、黄金イチイです。

自生地の温度帯も幅広く、北海道から九州まで。
再評価されて良い植物です。

USA アリゾナ、CA付近で獄暑、52℃を記録したようです。
想像を超える未体験ゾーン。
関連記事は以下のURLです。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/morisayaka/20160621-00059080/




posted by hayano at 19:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

 オキシペタラム ソルーナレッド



雲がない夜は、

月の右隣りにオレンジ色に輝く火星が確認できます。

熱帯夜もカウントダウンなのでしょうが、

夜の過ごし易さもあと少しなのでしょう。


今年の夏は、平年並みか高いという予報、、、らしいです。


当園にあるオキシペタラム 赤 (ソルーナレッド)の
第一世代から、花弁の濃淡が生まれました。


IMG_0036.JPG 


IMG_0037.JPG



一昨日の西風に乗って、        IMG_0042.JPG   

山から下って来たと思われる

トンボを確認しました。

例年より2週間程早く確認しました。

秋に向かって、徐々に体を赤く染めてゆくのでしょう。

季節は確実に進んでいるのを実感します。

夏に向けて スイッチ・オン  ってな様子で
やり過ごすことにしましょう。


posted by hayano at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

太陽は罪な奴

IMG_0016.JPG


本日は、紫陽花の花にとって可愛そうな程の天気でしたね。

さし木をしたばかりの植物にとっても

汗をかく暇もないような気温でした。


片や、農場にある、

太陽の日照により果実が充実する植物達です。

IMG_0028.JPG

               ライム色の葉のワイルドストロベリー アレクサンドラ
               色ずきはじめ、もう少しで食べられそうです 


IMG_0029.JPG 右側 ストロベリー ホワイトデライト 
左側の大きい葉は、
ワイルドストロベリー ウッドランド
(肥料が有り過ぎるせいか花が咲かない  



                     
                       ユスラウメ                        IMG_0020.JPG
           (プルナス トメントーサ or ニワザクラ 一重)
                     &
                クレマチス ビオルナ?   










posted by hayano at 18:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

クンゼア エリコイデス

IMG_0085.JPG


フトモモ科クンゼア属の常緑低木。
原産地はオーストラリアとニュージーランド、
ギョリュウバイと近縁属で、白花。

英名はホワイトティーツリー(white tea-tree)ないしカヌカ(kanuka)というらしい。

鮮やかなグリーンとしなやかな枝ぶりには、
期待が持てそうです。


IMG_0024.JPG



IMG_0025.JPG

IMG_0023.JPG

当園の夏支度も終盤を迎えました。
ここ数年の季節のヒートアップには、閉口しますが、
天候と相談しながら、作業を組み換え、
暑さと上手く付き合えれば、と考えてます。

自分自身を粗末にしている者が言えることではありませんが (・へ・;;)

ここで働くスタッフの家族を含め、
健康管理に配慮して、夏を迎えましょう。





posted by hayano at 19:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

レプトスペルマム セリセウム

IMG_0083.JPG


 和名で云えば、魚柳梅(ぎょうりゅうばい)の仲間。
我が家の庭に、h 2m、枝周り4m程のピンクの魚柳梅があったのを思い出します。
まだ、外気冷たい2月頃より5月頃までの開花期であったのを記憶している。

レプトスペルマム セリセウム
オーストラリア原産、フトモモ科、常緑低木。
学名の由来は、ギリシャ語のレプトス(細長い)とスペルマム(種子)のようである。
種小名は、絹毛状、、云々らしい。
栽培過程につれ、由来に合点することでしょう。

この種は、丸みをおびた葉を見せ、
他のギョリュウバイと違った優しい雰囲気を示しています。
ピンクの花らしいのですが、開花が楽しみです。

オーストラリアの植物は、蕾より開花期までの期間が
比較的長い種が多く(鑑賞期間が長い)、
日本の環境に順応するなら、鑑賞価値の高い植物として
評価されても良いと思われます。




posted by hayano at 19:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

ロベリア  SUNSHINE BLUE



                ロベリア プリンセスブルーのさし穂です。       IMG_0106.JPG




IMG_0105.JPG  

左の画像は、照葉、細葉タイプ。プリンセスブルー同様、3季咲。耐暑性がPBと同等以上であれば、SUNSHINE BLUE(命名に問題なければ)として、デビューさせようと考えております。
ピンク花も同時デビューできればよいのですが、、、、。
その折は、宜しくお願い致します。

 

 FBの記事の中で、些細な出来事に心動かされる時があります。

今日の投稿より引用(多少訂正)、、、。

軽井沢のコンビニでトイレに寄って、
扉を開けると、
中に別荘族のようなオシャレなおば様が座ってて、
ニコニコ顔で

「あらゴメンなさい。鍵を閉めたかと思ったわ」
          、、、、、、、、、。  


一瞬、ベストアンサーかと思わされたが、
答えは色々あるようですね。
短いフレーズの中に、その女性の立場や考え方があるように思えた。

このシチュエイションでパニクル事無く、
落ち着きはらってできる対応能力だけは、
見習いたいものである。











posted by hayano at 19:20| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

ゲラニウム レナルディ

IMG_0101.JPG


IMG_0102.JPG


今季初導入のゲラニウムですが、
以前より国内栽培されている植物です。

葉の先端が浅い切れ込みにより
5分割され、全体が丸みをおびており、
ランダムで独特な葉脈がゲラニウムの中でも特徴的です。
自生地、コーカサスの気候が作り上げたスタイルなのでしょう。

花弁にストライプが入るのも印象的です。


posted by hayano at 19:54| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

湯気は何色?

IMG_0100.JPG

              農場内では、ラベンダー クロスブルーの開花、
               その頭上には、NZより十数年前に導入し、
      今では、未生産のメラレウカ マウンテンファイヤーの花を眺めることができます。

メラレウカ マウンテンファイヤー2.JPG
 
 花を眺めながら深呼吸したせいか、
香りまで吸い込もう?と欲張ったせいか、

他愛もない無い事を考えた。

香りや風に色があるとすれば、何色だろうか?

      湯気の色は?


NHKのサラメシの中で、
ランチに食した
温かい蕎麦の湯気を赤のクレヨンで描いた人のことを思い出しました。






posted by hayano at 19:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

今宵は影なし

今宵は曇りですが、
近頃、南の夜空に赤く瞬く火星が見られますね。
7500万km程離れているようですが、
18年には5900万km程の距離に接近するとか、、、、。
今以上に大きく、明るく見えるのを楽しみにすることにしましょう。


黒板ジャック.jpg
               ご興味のある方は ”黒板ジャック”で検索 (^o^)/

ムサ美大生が小中学校の黒板にチョークで絵を描く、
プロジェクト活動をしていること知りました。
生徒のいない夜の教室の黒板に向き合い、
生徒が登校するまでに完成させる。


人の心や気持ちが動く瞬間は、
驚き、喜び、悲しみ、不安など色々ありますが、
感動することもその一つです。
朝、生徒が登校し、授業が始まるまでの間の鑑賞時間、
限られた時間だからこそ心の何処かに刻まれ、
感動を与えられるのでしょうね。
このことで、美大に進学した子供達もいるようです。
私も母校の黒板にtryしてみましょうか?
、、、、、落書きヾ(~O~;) コレ

植物にもこのような力を与えてあげたいと
思わさせられた瞬間でした。
 
今宵は、水盤に映る影なし (。・_・)







posted by hayano at 21:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする