2016年11月25日

深 秋(NAMELESS of Colored leaves)

IMG_0544.JPG

                            IMG_0548.JPG

数日前に撮影したライトアップされている
市内某所の銀杏並木です。

本日、外の景色は、二十四節季、小雪の暦通りとなりました。
吹く風に冷気を感じますが、
温室の中では、春に向けて、宿根草類の定植作業が始まりました。

当事務所に一服の書を掲げております。

文字の勢い、枯れ具合は、歳を重ねてから
少し理解できるように感じますが、
母が80歳になる前の一筆です。
その意味は、今はまだ理解できませんが、
母が、歳を重ねて紙と向き合った想いは、
推察の域です。

背中が丸まり、下を向いて歩くようになりましたが、
畑に出て、野菜作りを日々の活力としているようです。
それでも、時々、照れくさそうに仰向けになり、
背骨を伸ばそうとする姿は、懸命さを感じます。

人の背中を見て、、、、云々と言われますが、
この一服は、背中なのかもしれないと思わされます。

この様な事を考えるのも、
伝統風習を行うせいかもしれません。

新嘗(にいなめ)の意味も含め、
この時期にえびす講(平たく言えば感謝、祈願祭)を行う。161124_195055.jpg
子供の頃は、そろばんと財布を供えて拝めと       
いわれたものでしたが、
今は、電卓?がそろばん代わりです m(._.)m

風習を続けることの意味も
慌ただしい日常の中では、ぼやけてしまうのも
無理もない話しですが、
四季が確かにあるように
変わりようのないものは、
大切にできればと思えます。






posted by hayano at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。