2016年12月30日

2016-12-30

巷で賑わいをみせる所も残り2日で新年を迎えます。

本年もありがとうございました。
多くの方々に感謝申し上げます。



冬至が過ぎ、
温室内の陽ざしは、
季節が進んでいることを教えてくれます。

ここ数年、暮の整理の中で、                    IMG_0605.JPG
なかなか捨てる気になれなかった 501WX
USA実習時に持ち帰り、30数年間
普段に、仕事に穿かせてもらいました。
お世話になりました m(._.)m




posted by hayano at 13:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

歩ければ道になる

本日は、所用にて市場に出かけ
現場の状況、課題を伺いました。

周りでは、インフルエンザの発症が身近なものになりつつあるようですが、
年初、これからの社会変化を考えると、
思案の機が熟すまで留まり、
この1年は動かぬ年とおぼろげながら位置付けて過ごしてきました。
無理せず歩みを止め、静止していると
見落としていたものや身に着けなくてはならないものが
理解できるように思えます。

ただ、錆付いた感性を磨き直さないといけないようですm(._.)m

今年上映された、君の名は と 海賊と呼ばれた男 を比べると
後者を選んでしまうのには、苦笑いします。

今日の市場での会話もそうですが、
少しづつ歩まなければならない方向が、
見えてきたようです。

2017ニワトリ3.JPG







posted by hayano at 18:50| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

コリゼマ

IMG_0596.JPG


幼苗ではありましたが、
苦手な耐暑性と思われましたが、
この夏、強光の日差しの下で成長し、
花を着けるまでの株に育ったコリゼマが咲き始めました。
 低木 h1m前後、耐寒ー5〜10℃ 開花期 夏〜初冬



posted by hayano at 20:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

空 即是 色

IMG_0590.JPG


恒例の市庁舎ホールのクリスマスディスプレイです。   IMG_0592.JPG 
20日、昼よりチャリティー即売が開催されます。

丁度今頃が1年の中で、日中が最も短い季節です。
師走になり、残り数週間で新年を向かえますが、
2014年の大雪より再建後、2度目の年末となります。

本日、今年の漢字が、清水寺にて発表されました。
 金 だそうです。(リオオリンピックでの日本勢の金メダルラッシュ、前東京都知事の辞任や東京五輪開催経費など「政治と金」をめぐる問題、米大統領選を制したドナルド・トランプ氏から連想される金髪や富豪のイメージなどを反映した。)
年々、災害の多いようなイメージもありますが、、、、。

当園においてこの1年は、無色透明であったように思えます。
これから先起こるであろう、人口、経済、社会の変化の中で、
どのような色をつけて
どのような個性で行くのか
又、仏教用語の中では、色という文字は、
現実を表しているようで、
現実を肯定する意味も含め、、、、と云うことで、
今年のデンマークカクタスの花文字は、

IMG_0578.JPG

                          、、、となりました(^∇^)



posted by hayano at 21:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

生き物係

今宵は、久方ぶりの気が置けない方々との
本音トークの有意義な一献でしたが、
帰り道、見上げると、夜空はすっかり冬の星座であるのに
気づかされます。
何度見られるのかと思うと、
歳を重ねてきたことを実感します。

このところ、秋の仕事がピークアウトし、
高倉健の著作を読み呆けていますが、
書籍は、体験できないことを教えてくれます。
同様に
ポートレイトという番組の中で、
清々しくも潔く、自然に自身と向き合っている若者だからこそ、
言葉として伝わるものがあるのに気づかされる
と同時に、
どんな職業でもプロ意識は、共通していることを思わされます。

懸命であれば、
毎日、行き詰まりや迷いと闘っているのも事実で、
何もしないで、諦めるより、最善を尽くすのが
自身のスタイルではないかと思わされます。
番組を見ながら改めて思わされた出来事です。


IMG_0016.JPG
                          冬の紫陽花








posted by hayano at 23:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

深 秋(NAMELESS of Colored leaves)

IMG_0544.JPG

                            IMG_0548.JPG

数日前に撮影したライトアップされている
市内某所の銀杏並木です。

本日、外の景色は、二十四節季、小雪の暦通りとなりました。
吹く風に冷気を感じますが、
温室の中では、春に向けて、宿根草類の定植作業が始まりました。

当事務所に一服の書を掲げております。

文字の勢い、枯れ具合は、歳を重ねてから
少し理解できるように感じますが、
母が80歳になる前の一筆です。
その意味は、今はまだ理解できませんが、
母が、歳を重ねて紙と向き合った想いは、
推察の域です。

背中が丸まり、下を向いて歩くようになりましたが、
畑に出て、野菜作りを日々の活力としているようです。
それでも、時々、照れくさそうに仰向けになり、
背骨を伸ばそうとする姿は、懸命さを感じます。

人の背中を見て、、、、云々と言われますが、
この一服は、背中なのかもしれないと思わされます。

この様な事を考えるのも、
伝統風習を行うせいかもしれません。

新嘗(にいなめ)の意味も含め、
この時期にえびす講(平たく言えば感謝、祈願祭)を行う。161124_195055.jpg
子供の頃は、そろばんと財布を供えて拝めと       
いわれたものでしたが、
今は、電卓?がそろばん代わりです m(._.)m

風習を続けることの意味も
慌ただしい日常の中では、ぼやけてしまうのも
無理もない話しですが、
四季が確かにあるように
変わりようのないものは、
大切にできればと思えます。




posted by hayano at 20:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

ポルコ

毎年のことですが、
デンマークカクタスの出荷も終盤になり、
同時進行している、植替え作業もカクタスから
来春に向けての各種植物へとなります。

年末前の慌ただしい時期も数週間となりました。

他愛もない話ですが、
大分の やせうま・熊本の すカレー・長崎の 昨日のさらうどん
九州に行ったら、是非、食べて欲しいC級グルメです。と、ラジオから流れていました。

今宵は、月との距離が近い(最大で5万Km)せいか
星空を明るく照らす十六夜(いざよい)の月です。
何年かに一度の天体ショーは、
記憶に残るものを見てみたいと思わされます。 

記憶に残るといえば、、、、。                 飛行艇.jpg        
先日、紅の豚をロードショーで放映していました。
シリアスな時代背景の中での
シンプルなストーリーですが、
製作の意図は別にして、
何度見ても気持ちが満たされます。               紅の豚.jpg  
記憶に残る映画のひとつです。

過日、電車で渋谷に出向く折、
籠原から、60代と思われる女性5名が隣に乗り合わせた。
その女性達の一人が、
何故か、まわりをウロウロしていたハエが、
つり革にとまるの見て、

電車が揺れているから、ハエもつり革にとまるのねー。
そうよねー。

思わずその解釈は、
違うような気がすると突っ込みたくなりましたが、
片手で顔を隠し、うつむいて、肩を震わせました。
記憶に残る電車の中です (^∇^)

161113_093228.jpg






posted by hayano at 22:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

追悼

画家の堀越千秋さんが逝った。

この夏、6年ぶりに会い喜んだ笑顔を思い出す。

陶芸もわからぬ末娘を気に入って、かわいがってもらった。

彼のニオイ(生き方)が好きだった。

山4

                     2008.10.20




posted by hayano at 22:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

茜色

明日から霜月、雨のスタートとなるようです。

14日には、2年ぶりのスーパームーン(過去最大?)
月の引力で災害発生確率が高まるとする科学者もいるとか、、、?

春への準備作業が始まり、季節に追い越されるような想いにさせられる11月です。
春の桜の季節も慌ただしいせいか、同様な感じです。

桜といえば、、、、。
植物関係の海外の方々と話すと
かなりの確率で、好きな植物を問われる。
そんなこともあり、桜を挙げるようになった経緯がありますが、
桜が咲く時期は、彼らにとって、エクセレントのようです。
日本人にとっても桜色は、特別な色のひとつかもしれません。

色といえば、、、、。                      akane_5.jpg
大河ドラマの真田丸。
真田の旗は、茜染めであるとラジオから流れていました。
蓮の茎より糸を紡ぎ、(40キロクラムの茎から、わずか2グラムくらいしか取れないようです)
茜で染めている方を思い出します。







posted by hayano at 22:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

秋の出来事

IMG_0471.JPG


赤く色づいた実と黄斑のコントラストが            IMG_0470.JPG   
あと9週でやってくるクリスマスを
ひとり先取りしていると思わせてくれる、
当園のイチイの木です。

(イチイ科イチイ属。常緑針葉樹。別名はアララギ。北海道や北東北の方言ではオンコと呼ばれる。
北海道、本州、四国、九州、アジア東北部、シベリア東部に分布する。
中国地方の大山の頂上には野生種が自生していて、特別天然記念物に指定されている。名前の由来は、仁徳天皇がこの木でしゃくをつくらせ、それで正一位を授けたので「一位」といわれている。高さ15−20mになり、円柱形の樹形である。針葉樹の中ではかなり堅く 飛騨の高山では、「一位一刀彫」という伝統の工芸がある。)
 世界の樹木より抜粋

当地の祭り囃子の練習が風に乗り届くこの季節、
今日の西風は、木枯らし?号でしょうか?
明日から、寒くなりそうですね。

先日、ビブリスとワラタの種子輸入依頼がありました。
聞いたことの無い植物には、興味をそそられますが、
知らない事は、星の数程あるのを実感します。 ポリポリ (・・*)ゞ



山に登る記事は、過去数回記しています。
2011.8.9の記事では、感じていることをおぼろげに記していますが、
 何故登るのか?
という問いに対して、ある本を読んで、
登山家の心理が理解できるような気がしました。

40を過ぎて体力維持のために始めた山歩きですが、
山の中に入ると、すべてが、自己責任であることに気づかされます。

道を間違えたり、天候を予測できないことも、、、、、。
よって、色々な事に敏感になり、自然を学ばされます。

初心者でも子供でも自然は容赦ありません。
基本的に自力で解決しなければ、命は守れない。
感情に任せて、自然や人に責任を転嫁するのは、愚の骨頂。

問題を解決するためには、自ずと、
自ら責任を負うという、謙虚な人間性を要求されていることに気づかされます。

(日本の一部の政治家には、山登りを勧めましょうか (^∇^) )

災害時も似たような思考を要求されると思いますが、

自身に見合うスタイルで
体力面で無理のない山登りであれば良しということになります。

、、、と云うことで、
どういう訳だか、山検(山の知識検定)を受けることになりました (*⌒∇⌒*)

Come Up With Challenge












posted by hayano at 19:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする